ASP.NET 入門

ホーム > グリッドビュー (GridView) > GridView によるページング

GridView によるページング

ページングというのは、データグリッド内の表示項目とか、あるいは身近なところでは Google などの検索結果など、 大量にあるデータを少しずつ見せるために、1ページ目、2ページ目・・・という風にデータを小分けにすることです。

例えば1万件のデータが存在する場合、縦にずらっと1万件のデータを表示すると、結局の所その画面内で文字を検索するなどの手間が発生しますし、 データのロード自体も遅くなりいいことがありません。

そこで自前でページングを実装するためには、データソースから指定した箇所のみのデータを取り出すロジックを実装しなければならず面倒です。

GridView にはページング機能が実装されています。

これを使えば、バックエンドのデータベースに依存しないコードがかけます。

さて、以前の例を改良します。

前回は多数のデータが1画面に列挙されていましたが、これを10件ずつのページ表示にしてみましょう。

実は変更は非常に単純です。AllowPaging を true に設定して、PageSize (1ページに表示されるデータ件数)を指定するだけです。

<%@ Page Language="C#" AutoEventWireup="true" %>
<!DOCTYPE html>
<html>
<body>
<form id="form1" runat="server">
<div>
<asp:GridView
AllowPaging="true" PageSize="10"
DataSourceID="NorthwindSqlDataSource" ID="GridView1" runat="server"> </asp:GridView> <asp:SqlDataSource ID="NorthwindSqlDataSource" SelectCommand="SELECT ProductID, ProductName, UnitPrice FROM Products ORDER BY ProductID" ConnectionString="<%$ ConnectionStrings:DB %>" RunAt="server" /> </div> </form> </body> </html>

この例ではコードビハインドで書いているコードはありません。たったこれだけで、ページングが実装できます。便利ですね。

ホーム > グリッドビュー (GridView) > GridView によるページング