ASP.NET 入門

ホーム > アドローテータ (AdRotator) > アドローテータ (AdRotator) の使い方 - XML ファイル

アドローテータ (AdRotator) の使い方 - XML ファイル

スポンサーリンク

広告のスケジュール情報を記載したファイルは、アドバータイズメントファイルといいます。 ここではアドローテータに表示する広告の情報を、アドバータイズメントファイルに記載してアドローテータコントロールを利用する方法を説明します。

XML アドバータイズメントファイル の作成

XML で作成するアドバータイズメントファイルには、次のような情報を記載します。

ImageUrl表示する画像の URL
NavigateUrlアドローテータコントロールがクリックされたときにナビゲートされるページの URL
AlternateText画像が表示できないときに代替テキスト
Keyword広告のカテゴリ
Impressions広告表示の重み
Height広告の高さ
Width広告の幅

サンプルのアドバータイズメントファイルは次のようになります。 Advertisements 要素をルート要素とし、その中に Ad 要素がぶら下がるだけのシンプルな構造です。 Ad 要素の中に上記の属性を記入します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<Advertisements xmlns="http://schemas.microsoft.com/AspNet/AdRotator-Schedule-File">
   <Ad>
     <ImageUrl>~/images/star.png</ImageUrl>
     <NavigateUrl>http://www.google.com/</NavigateUrl>
     <AlternateText>Star テキスト</AlternateText>
     <Impressions>10</Impressions>
   </Ad>
   <Ad>
     <ImageUrl>~/images/arrow.png</ImageUrl>
     <NavigateUrl>http://www.microsoft.com/</NavigateUrl>
     <AlternateText>Arrow テキスト</AlternateText>
     <Impressions>50</Impressions>
   </Ad>
</Advertisements>

Visual Web Developer でのアドローテータの作成

ここでは Visual Web Developer を使って、アドローテータコントロールを設定する例をみてみましょう。

まず、準備として上記のサンプルのアドバータイズメントファイルを adfile.xml として App_Data フォルダに保存します。 App_Data に保存しておけば、クライアントから直接これをダウンロードされることはありません。 尚、ファイル名は何でもかまいません。エンコーディングは UTF-8 とします。

次に、ツールボックスから AdRotator を選び、Web フォームの上にドロップします。

アドローテータ

コントロールのプロパティで、AdvertisementFile を見つけ、右側の [...] ボタンをクリックします。

アドローテータ

上で作成したアドバータイズメントファイルを指定して、OK をクリックします。

アドローテータ

すると次のようにパスが入ります。 ~ はアプリケーションのルートを示します。

アドローテータ

これだけで実行可能です。

実行例

これを実行すると次のようになります。

アドローテータ

更新すると、アドバータイズメントファイルの Impressions で指定した重みに従って表示が切り替わります。

アドローテータ

スポンサーリンク
ホーム > アドローテータ (AdRotator) > アドローテータ (AdRotator) の使い方 - XML ファイル