ASP.NET 入門

ホーム > ASP.NET のレポート > 表組みレポートの出力

表組みレポートの出力

ここでは RDLC レポートを利用して、ASP.NET でレポート出力を行う方法を説明します。

特に表組み (テーブル) のデータを出力する例です。

基本的な考え方は、当サイトの姉妹サイト C# 入門 内の レポートに表組みデータを表示する方法 をみてください。

ここでは、そこから発展して ASP.NET に特有の箇所に絞って説明したいと思います。

スクリプトマネージャの追加

レポートを表示するためのコントロールとして、ASP.NET でも ReportViewer が用意されています。

表組みレポートの出力

これを利用する際には、ScriptManager コントロールも同じウェブフォーム内に配置してください。

データセットは App_Code で定義

表組みデータの定義にはあらかじめ、強い型付きデータセット (strongly typed dataset) を定義しておくと便利であると以前説明しました。

表組みレポートの出力

ASP.NET では App_Code フォルダにデータセット定義を配置します。

レポートビューアへのローカルレポートとデータの設定

レポートビューアへのレポートの定義、及び、データソースの設定については次のコードになります。

これは Windows Forms の場合と同様です。

using Microsoft.Reporting.WebForms;
using System;
using System.Data;

public partial class ReportForm1 : System.Web.UI.Page
{
  protected void Page_Load(object sender, EventArgs e) {
    if (IsPostBack) {
      return;
    }

    var dt = new DataSet1.CustomersTable();
    var da 
      = new DataSet1TableAdapters.CustomersTableAdapter();
    da.Fill(dt);

    ReportViewer1.LocalReport.DataSources.Add(
      new ReportDataSource("CustomersTable", 
        (DataTable) dt)
    );
    ReportViewer1.LocalReport.ReportPath = "Report1.rdlc";

  }
}

以上で次のようにレポートが表示されました。

表組みレポートの出力

ホーム > ASP.NET のレポート > 表組みレポートの出力