ASP.NET 入門

ホーム > jQuery と ASP.NET > JavaScriptSerializer による JSON への変換

JavaScriptSerializer による JSON への変換

AJAX を扱うコードでは .NET のオブジェクトを、JSON (JavaScript Object Notation) に変換する必要があります。 ASP.NET 2.0 以前では .NET オブジェクトからの JSON への変換のためには、.NET Framework 内には簡便な方法が無かったので、 サードパーティの各種ツール、ライブラリなどを利用する必要がありました。(必要がある、というか、その方が楽チンでした)

ASP.NET 3.5 以降では、JavaScriptSerializer (System.Web.Script.Serialization.JavaScriptSerializer, JavaScript シリアライザ) というコンポーネントがあり、これを使うと CLR のタイプが JavaScript 表記にシリアライズされます。すなわち JSON に変換できます。

使い方は簡単です。次のコードを見てください。

System.Web.Script.Serialization.JavaScriptSerializer serializer 
     = new System.Web.Script.Serialization.JavaScriptSerializer();

string json = serializer.Serialize(emp);

new で JavaScriptSerializer のインスタンスを作成します。それの Serialize メソッドを呼ぶだけで OK です。

jQuery と ASP.NET で AJAX なページを作る基本」 で作成したプログラムを少し改造して、 サーバーから返された JSON 文字列をクライアントで表示してみましょう。

$(document).ready(function () {
     $('#button1').click(function () {
         $.ajax({
             url: "handler1.ashx",
             type: 'POST',
             cache: false,
             //dataType: 'json',
             success: function (t) {

                 alert(t);

上のコードのように、dataType をコメントアウトします。 これによって、success ファンクションにサーバーからの文字列が直接渡されます。この文字列を alert で表示すると次のようになりました。

jQuery と ASP.NET

(補足) ちなみに・・・MSDN のコメントで、double の NaN が 'NaN' とされてしまうことで問題が起きるかもしれない、との書き込みがあったので、 試してみました。

d = Double.NaN;

なるフィールドを追加して、上と同じ実験を行ったところ・・・

jQuery と ASP.NET

という風に、'NaN' ではなく正しく NaN とされているので特に問題はないように思われます。

ホーム > jQuery と ASP.NET > JavaScriptSerializer による JSON への変換