ASP.NET 入門

ホーム > ASP.NET の仕組み > ASP.NET の EnableSessionState の指定は無視できる?!

ASP.NET の EnableSessionState の指定は無視できる?!

スポンサーリンク

ASP.NET では Session を利用不可にすることが可能です。それは Page の EnableSessionState ディレクティブを False にすればよいのです。(その他、Config ファイル等でも指定可能です)

具体的には次のようにします。

<%@ Page 
    Language="C#" 
    CodeFile="~/useSessionState.aspx.cs" 
    Inherits="MyTest.useSessionState" 
    EnableSessionState="False" 
%>
<html>
<body>
    <p style="font-size:large;">
    <%
        Session["test"] = "Hello";
        Response.Write( Session["test"] );
    %>
    </p>
</body>
</html>

コードファイルは次のとおりです。

using System;
using System.Web.SessionState;

namespace MyTest {

     public partial class useSessionState : 
          System.Web.UI.Page {
     }

}

このコードでは EnableSessionState を False に指定しているにもかかわらず、 Session にアクセスしているので、これを実行すると次のようなエラーが発生します。

これは、まぁ、当たり前といえば当たり前ですね。

ちなみに、このときに ASP.NET の内部で生成される一時ファイルを見てみましょう。

namespace MyTest {
     
     
     public partial class useSessionState {
         
         protected System.Web.Profile.DefaultProfile Profile {
             get {
                 return ((System.Web.Profile.DefaultProfile)(
this.Context.Profile));
             }
         }
         
         protected 
System.Web.HttpApplication ApplicationInstance {
             get {
                 return ((System.Web.HttpApplication)(
this.Context.ApplicationInstance));
             }
         }
     }
}

この中では IRequiresSessionState インターフェイスのマークがなくなっています。 もともとどうなっていたかよくわからない人は、 「なぜコードビハインドクラスは partial なのか?」の getType2 クラスの定義を見直してください。

逆に言えば、EnableSessionState を True にしたときと、False にしたときの違いは、 IRequiresSessionState が含まれているか否かというところしか変わりません。

試しに、EnableSessionState を False にしたまま、コードビハインドファイルにて、次のように IRequiresSessionState を追加してみましょう。

using System;
using System.Web.SessionState;

namespace MyTest {

     public partial class useSessionState : 
          System.Web.UI.Page,
          IRequiresSessionState {
     }

}

すると、次のように問題なく実行されてしまいます。

EnableSessionState を False にしているのに、Session が使えてしまう、というところだけ考えるとバグみたいな感じですけどね...

コンパイル時に検出したほうが良いと思う

それ以上に、「Session を使わない」 と宣言しているのに Session を使っている箇所がある、ということについては、 コンパイル時に検出して欲しいですよね。

上で見たエラー時のコールスタックは以下のようになります。

[HttpException (0x80004005): Session state can only be used when 
enableSessionState is set to true, either in a configuration file 
or in the Page directive. Please also make sure that 
System.Web.SessionStateModule or a custom session state module 
is included in the <configuration>\<system.web>\<httpModules> 
section in the application configuration.]
  System.Web.UI.Page.get_Session() +26...
  ASP.usesessionstate_aspx.__Render__control1(...) 
in c:\test\useSessionState.aspx:11
  System.Web.UI.Control.RenderChildrenInternal(...) +256
  System.Web.UI.Control.RenderChildren(HtmlTextWriter writer) +19
  System.Web.UI.Page.Render(HtmlTextWriter writer) +29
  System.Web.UI.Control.RenderControlInternal(...) +27
  System.Web.UI.Control.RenderControl(...) +99
  System.Web.UI.Control.RenderControl(HtmlTextWriter writer) +25
  System.Web.UI.Page.ProcessRequestMain(...) +1266

get_Session で SessionState を取得するコードが実行されてはじめて、IRequiresSessionState インターフェイスがマークされているかどうかチェックされ例外を投げています。 逆に言えば、コンパイルは完了して get_Session が呼び出されるまで、設定情報とコードに矛盾があることに気がつかないわけです。

できることなら、Session を無効にした段階でコンパイルができなくなり、 コードの修正箇所が見えてきたら便利なのになぁ・・・と思ったのでした。

スポンサーリンク
ホーム > ASP.NET の仕組み > ASP.NET の EnableSessionState の指定は無視できる?!